【最強】CBDグミ・エディブルのおすすめランキング10選!安さと高濃度に分けて紹介

  • CBDグミの効果ってどんなもの?
  • CBDグミのおすすめが知りたい
  • CBDグミを摂取する時に注意することは?

こんな悩みに答えます。

CBDの商品に興味を持っているものの「どんな商品を買えば良いのか分からない」と感じている人は多いのではないでしょうか?
本記事では、CBDグミの効果や特徴・おすすめのランキングについて解説していきます。

この記事を読むことで、CBDグミの商品について詳細に知ることができますよ。

目次
vapemania

CBDとは

CBDとは麻から取れるカンナビノイドの種類の1つであり、別名カンナビジオールとも呼びます。

大麻草から取れるということで法に触れると感じるかもしれないですが、一般的に中毒性やハイになる作用があるのは同じ麻から取れるTHCによるものであり、CBDは問題ありません。
あわせて読みたい
THCとCBDの効果の違いとは?違法性や副作用も含めて徹底比較
THCとCBDの効果の違いとは?違法性や副作用も含めて徹底比較 THCってどんな作用なの? THCは日本では違法…? THCとCBDって何が違うか分からない…大麻成分であるTHC。このような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。...
CBDとTHCの違いについては上記の記事に纏めておりますので、是非参考にしてみて下さいね。

CBDグミを摂取することで得られる3つの効果

CBDグミを摂取することによってどんな効果・メリットが得られるかを分かっていない方は多いのではないでしょうか。

CBDグミの摂取によって得られる代表的な効果は下記の通りです。

不安やストレスを鎮める

CBDには不安やストレスを鎮める効果があります。

そのため、日常生活で不安を抱えていたりストレスが溜まっている人は、CBDの利用に非常に向いていると言えるでしょう。

また不安やストレスを鎮めるということは気持ち的にリラックスするということなので、集中力が高まり、勉強や仕事に集中することもできます。

CBDを効果的なタイミングで利用することで、あなたの日常生活をメリハリのあるものに変えることができますよ。

不眠症の助けになる

またCBDを摂取することで不眠症の助けにもなります。

先に述べたようにCBDの摂取は不安やストレスを沈め、心がリラックスした状態にしてくれるので、寝る前に利用することで不眠症の改善に繋げることが可能です。

不眠症は日本人の20%が悩んでいるとされており、60歳を超えるとさらに確率が上がると言われています。睡眠導入剤を使っても問題ないですが、徐々に薬の効果に慣れて効き目が薄くなるのが難点です。

CBDは摂取することによって神経細胞を活発化させ、不眠症の助けになるので、非常に有用な効果の1つだと言えるでしょう。

痛みや抗炎症の緩和

またCBDを摂取することで痛みや抗炎症の緩和にも繋がります。

また抗炎症の緩和効果からニキビや肌トラブルの予防にも繋がることから、美容目的でCBDを利用する方も多いです。CBDを含有した美容商品も増えてきています。

以上CBDの代表的な効果ですが、中毒性や依存性のあるものではなく、非常に有用な効果が得られることが可能です。

次の章でCBDグミの特徴や価格について比較を行っていきます。

CBDグミを選ぶ時の3つのポイント

CBDグミを選ぶ時のポイントは下記の通りです。

値段が安い商品を選ぶ

1点目は「値段が安い商品を選ぶ」という点です。

CBD商品の購入にあたり「できるだけ安く済ませたい」という方は、純粋に値段が安いCBDグミを選択するのも1つの方法だと言えます。

注意点としては、値段が安くなる分グミの個数が少なかったり、CBD含有量が少なかったりすることです。

そのため、他の商品としっかり比較して、自身が納得する値段・量のグミを購入するようにしましょう。

CBD濃度が高い商品を選ぶ

2点目は「CBD濃度が高い商品を選ぶ」という点です。

値段ではなく、CBD濃度が高い商品を選ぶのも1つの選択だと言えます。濃度が高い商品を使うことで、通常の商品よりもより早く効果を実感することができるでしょう。
後にCBDのおすすめ商品を紹介する際に、グラムあたりのCBD含有量に関しても言及していきますので、是非確認してみて下さいね。

好みのフレーバーがあるグミを選ぶ

3点目は「好みのフレーバーがあるグミを選ぶ」という点です。

安さや含有量なども選び方の1つですが、純粋に好みの味があるグミを選んでも良いでしょう。

CBDグミは通常の食品よりもやはり高価なものなので、自身が美味しく楽しめるフレーバータイプを優先することも重要です。

CBDグミは高い?安いCBDグミのおすすめランキング5選

それではCBDグミのおすすめについてランキング形式で解説していきます。

「安さ」と「高濃度」に分けて紹介していきますね。

RECLIA

RECLIA

内容 詳細
ブランド名 RECLIA
個数 7粒/4袋セット
価格 3900円
CBD含有量 1粒20mg
1粒の値段 140円

RECLIAは「ゆっくり眠りたい」「リラックスしたい」という方の要望に応えた日本発のCBDブランドです。

7粒/4袋セットで価格が3900円と、CBDグミ全体で最もコスパの良い商品になります。CBD含有量も20mgと充分です。

またトクトク定期便を使うと、定価の30%で購入することが可能です。

勿論定期便を使わずとも、最もコスパの良い商品ですので、RECLIAを使うことで安くCHILLな気持ちで過ごすことができますよ。

CBDfx

CBDfx

内容 詳細
ブランド名 CBDfx
個数 8粒/60粒
価格 1930円/8930円
CBD含有量 1粒25mg
1粒の値段 148円

CBDfxはヨーロッパ・米国の中でも最大手のブランドの1つです。

CBDfxはCBD製品の品質に力を入れており、オーガニックの栽培や薬剤師による監修・輸入手続きをしっかり行っています。そのため安全性が非常に高い商品です。
日本でもかなりブランドとしての地位が高く、安く安全にCBDを楽しむことができるでしょう。

HEMPBaby

内容 詳細
ブランド名 HEMPBaby
個数 5-100粒
価格 15800円(100粒)
CBD含有量 1粒25mg
1粒の値段 158円

HEMPBabyはアメリカのオーガニックHEMPを利用して作られたCBDブランドです。

HEMPBabyは医師と提携している企業で作られていますので、製品の安全性・品質が非常に高いと言えます。製品について質問も受け付けており、サポートも充実しています。
商品は5粒・25粒・50粒・100粒から選択できますので、自身の状況に合わせて使ってみると良いでしょう。

CANNA NANO

CANNA NANO

内容 詳細
ブランド名 CANNA NANO
個数 22粒
価格 3490円
CBD含有量 1粒6.8mg
1粒の値段 158円

CANNA NANOはアメリカのブランドが開発したCBDグミです。

特徴としては他のグミと比較して口の中で溶けやすいことにあり、他のCBDグミよりも吸収効率を上げることができます。
CBD1粒あたり約158円で、ある程度コスパも高いと言えるでしょう。

CBDLiving

内容 詳細
ブランド名 CBDLiving
個数 30粒
価格 6980円
CBD含有量 1粒10mg
1粒の値段 232円

CBDLivingはカリフォルニア州に本社を置くメーカーが作成したCBDグミです。

乳化剤を使用せずにCBD粒子をナノ化しているので、CANNA NANOと同様他のCBDグミよりも吸収効率が高いのが特徴と言えます。
こちらは1粒あたり約232円と、他と比べるとやや割高です。

高濃度でおすすめのCBDグミランキング5選

次に高濃度でおすすめのCBDグミをランキング形式で紹介していきます。

LECHILL

LECHILL

内容 詳細
ブランド名 LECHILL
個数 30粒
価格 6600円
CBD含有量 1粒50mg

LECHILLは「極上のリラックスと睡眠体験を与えたい」というコンセプトの元作られた日本発のCBDブランドです。

一般的にCBDグミの1粒あたりのCBD含有量は10~20mg前後であることが多いですが、LECHILLは50mgと非常に高濃度のCBDグミを展開しています。

故に通常のCBDグミよりも、より効果を感じやすくなるでしょう。

LECHILLのコンセプトの通り、極上のリラックスと睡眠体験を得ることができますよ。

PharmaHemp

内容 詳細
ブランド名 PharmaHemp
内容量 5粒入り/60粒入り
価格 1480円/14800円
CBD含有量 1粒40mg

PharmaHempはスロベニアの麻を使って作られたCBDブランドです。

CBD含有量は1粒40mgと非常に高く、LECHILLと同じくらい効果を実感することができます。グミの味はパイナップル・レモンと、非常に食べやすい味だと言えるでしょう。

「リピートされる商品」を目指して作られた商品で、商品開発の段階で非常に拘りを持って作られています。

そのため、値段は少し高めですが、それに見合う効果を実感することができますよ。

+WEED(プラスウィード)

+WEED(プラスウィード)

内容 詳細
ブランド名 +WEED(プラスウィード)
個数 8/25/50粒
価格 2160円/5040円/8640円
CBD含有量 1粒25mg

+WEED(プラスウィード)はCBD業界では圧倒的にシェアが高いブランドです。

CBDオイルやリキッドなども同時に販売しており、ドンキホーテでも商品が販売されています。フレーバータイプはネイチャーフレーバーの1種類です。

個数は8・25・50粒から選択可能で、毎月お届けコースを選択すると、最大10%オフで継続して購入することもできます。

CBD含有量も1粒25mgあるので、しっかりと効果を実感することができますよ。

\ 定期購入でさらにお得に /

+WEEDの評判や口コミを実際に確認してみた

CaliforniaGrown

CaliforniaGrown

内容 詳細
ブランド名 CaliforniaGrown
個数 2粒
価格 990円
CBD含有量 1粒25mg

CaliforniaGrownはカリフォルニア州のメーカーが開発したCBDグミです。

2粒と非常に試しやすい個数なのは魅力的ですが、逆に数十個単位で販売していないので注意しましょう。
値段は1粒当たり445円となっており、CBD含有量は1粒あたり25mgです。

GREEN BULLDOG

GREEN BULLDOG

内容 詳細
ブランド名 GREEN BULLDOG
個数 20粒
価格 5400円
CBD含有量 1粒20mg

GREEN BULLDOGは日本発の有名CBDブランドです。

5400円でCBD含有量20mgのCBDグミ20粒入りを販売しており、フレーバーのタイプは「ブルーベリー」「エナジードリンク」と選ぶことができます。

また+WEEDと同様に毎月お届けコースで定期購入することで、最大10%お得に購入することも可能です。

そのため、継続的にCBDグミを使いたい方に非常に向いていると言えるでしょう。

\ 定期購入でさらにお得に /

グリーンブルドックの評判や口コミを実際に確認してみた

CBDグミを摂取する時の2つの注意点

次にCBDグミを摂取する時の注意点について解説していきます。

CBDグミは効果が現れるまで長い

1点目は「CBDグミは効果が現れるまで長い」という点です。

CBDのVAPEやオイルは吸収した瞬間効果をすぐに感じられるのに対して、CBDグミは経口摂取となるため、摂取してから30分程度経たないと効果を感じることはできないでしょう。
必要な効果が得られるまでの時間が長いので、効果が出ているのか分かりにくいとも言えますね。

高濃度のCBDグミの食べ過ぎには注意する

2点目は「高濃度のCBDグミの食べ過ぎには注意する」という点です。

先に述べた通り摂取してから30分程度経過してから効果を感じることになるので、焦って高濃度のCBDグミの食べ過ぎには気をつけるようにしましょう。
適量のCBDは体に良い効果をもたらしてくれますが、過剰な摂取は返って良くないことを覚えておいて下さいね。

CBDグミに関する質問(Q&A)

最後にCBDグミに関する質問に回答していきます。

CBDグミは違法ですか?

結論から言うと違法ではありません。

CBDが麻から取れるのでそのように感じる方も多いですが、違法なので麻から取れるTHCによるものなので、CBDに関してはクリーン且つ安全に利用することができます。

CBDグミとリキッド・オイルとの違いは?

CBDグミは口から摂取する経口摂取ですが、リキッドは電子タバコのように煙から吸うベーピング、オイルは下に垂らして吸収する舌下吸収という方法で利用します。
それぞれ楽しみ方が違うので、自分に合った方法を選択してみて下さいね。

自分に最適なCBD商品を使ってみよう

CBDグミのおすすめやランキングに関する記事は以上です。

今回はCBDグミに関して取り上げましたが、その他CBDリキッドや一般的に売られている商品に関しては下記の記事に纏めております。
あわせて読みたい
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介 CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)とは? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)の選び方や使い方は? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめが知りたいこんな...
あわせて読みたい
ドンキホーテで買えるCBDリキッド(グミ・オイル)は?種類とおすすめを全解説
ドンキホーテで買えるCBDリキッド(グミ・オイル)は?種類とおすすめを全解説 ドンキホーテで買えるCBD商品は? CBD商品にはどんな種類の物があるの? ドンキのCBD商品のおすすめが知りたいこんな悩みに答えます。ドンキホーテにCBD商品が並ん...
是非上記の記事も参考にしてみて下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

CBDに関連する基本的な情報から、おすすめのブランド・商品を紹介しています。

目次
閉じる