CBDは抗うつ効果あり?CBDが脳にもたらす影響や有効な精神疾患について解説

CBDは抗うつ効果あり?

CBDはうつ病に効果があるのでしょうか。

体の様々な調子を整えてくれるCBDですが、メンタル面での効果も期待されています。
本記事ではCBDの鬱への効果とその他有効な精神疾患にについて解説していきます!
目次
vapemania

CBDはうつ病へ効果があるのか

CBDはうつ病へ効果があるのか
結論からいうと、現状推測レベルですが、CBDはうつ病へ効果があると考えられています。

というのも、CBDとうつについて過去10年間に多くの研究が行われましたが、そのほとんどが動物を使って行われたものだからです。

「NeuroscienceNews」に掲載されたラットを対象とした2018年の研究では、CBDを1回投与するだけで、最大1週間にわたってうつ病の症状を軽減することができました。研究者たちは、CBDが、うつ病の結果として損傷を受ける前頭前野と海馬の神経回路の修復を助けると考えています。

CBDがうつ病に効く可能性がある根拠としては、脳内のセロトニン受容体に働きかけ、症状を改善する結果が得られていることです。

それでは具体的にCBDがどのように脳に作用するかを解説していきます!

CBDが鬱を改善する仕組み

CBDが鬱を改善する仕組み

CBDは以下仕組みで鬱を改善すると考えられています。

CBDは、私たちの気分、睡眠、痛みの知覚などを調節する仕組み(ECS)にポジティブな影響を与えると考えられています。これらのプロセスが適切に機能することで、私たちは気分が良くなり、ぐっすりと眠れ、精神的な苦痛を感じづらくなります。

不安やうつは、エンドカンナビノイドシステム(ECS)が最大限に機能していないために、睡眠不足や痛み、気分のコントロールがうまくいかないことと関係しています。

ECSについては以下記事を参照ください。

あわせて読みたい
エンドカンナビノイドシステム(ECS)とは?CBDが防ぐカンナビノイド欠乏症
エンドカンナビノイドシステム(ECS)とは?CBDが防ぐカンナビノイド欠乏症CBDについてある程度ご存知の方の中には「CBDやTHCがエンドカンナビノイドシステムに作用する」と聞いたことがあるかもしれません。エンドカンナビノイドシステム(ECS...
しかし、CBDはうつ病を改善する可能性がある一方で、他の薬の効果を妨げたり、副作用を引き起こしたりする可能性があります。これらの製品を摂取する前に、かかりつけの医師や精神科医に相談するのがよいでしょう。

セロトニンレベルを正常化する

セロトニンレベルの低下は、うつ病に関係していると思われます。

CBDは必ずしもセロトニンレベルを高めるわけではありませんが、すでに体内にあるセロトニンに対する脳の化学受容体の反応に影響を与える可能性があります。

セロトニンは、人の感情状態や幸福感など、体内のさまざまな機能に影響を与えます。セロトニンレベルのバランスを保つことは、うつ病の患者さんにとって重要な治療法となります。

感情調節、ストレス、気分に関与する神経伝達物質です。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、脳内のセロトニン濃度を変化させることで作用する抗うつ薬の一種です。

不安を和らげる

不安症とうつ病は密接に関係があります。どちらも、睡眠不足、痛み、気分のコントロールなどに起因する症状だからです。

CBDが不安に効果があるとされている根拠はGABAを抑制するためです。

Tips!

GABAは、ニューロンの発火を遅らせたり停止させたりする自然発生的な脳内化学物質です。GABAは、本質的に、睡眠を誘発し、筋肉を弛緩させ、感情の波を穏やかにすることで、心身を落ち着けます。

睡眠への効果

CBD摂取することで、不安に起因する心の不具合を改善できると紹介しました。これらは睡眠を妨げたり、夜中にパニックで目が覚めたりする原因にもなります

睡眠障害とうつ病には密接な関係があります。

うつ病患者の90%以上が、入眠困難、睡眠障害、早朝覚醒などを訴えています。CBDは、そのような患者の気分を改善したり、病状を総合的に管理する能力を向上させる可能性があるとされています。

海外では夢遊病、悪夢などの治療にも使われ、眠りにつくまでの時間を短縮する効果もあります。

ストレスを軽減する

動物を使用した2018年での研究では動物モデルにおけるCBDの抗ストレス・抗うつ作用を示していると発表されています。

CBDは、短期または長期の使用で明確な抗ストレス効果を示します。

また、CBDは脳のエンドカンナビノイド受容体を直接活性化することなく作用することがわかりました

つまり、CBDが常用しても依存性が低いという可能性を示唆しています

CBDと抗うつ薬との比較

CBDと抗うつ薬との比較

うつ病の治療に関しては、CBDは抗うつ薬に比べて以下利点があります。

CBD 抗うつ薬
効き始めるまでの時間 早い 4~6週間ほどかかる場合も
持続時間 長い 1日半ほど
副作用 ほとんどなし 複数あり

ほとんどの抗うつ薬は、効き始めるまでに数週間かかります。

しかし、CBDには抗うつ薬のような効果が早く、持続することがわかっています。

また、CBDは抗うつ薬に比べて副作用が少ないと考えられます。不眠症、性機能障害、気分の落ち込み、焦燥感などは、抗うつ薬の一般的な副作用とされますが、CBDについてはそれらの副作用がないとされています。

CBDと抗うつ薬は併用できるの?

結論から言うと避けたほうが良いです

CBDオイルと抗うつ剤の間に有害な相互作用が起こることは稀ですが、念のため、医師または精神科医に相談することをお勧めします。

また、CBDオイルと古いタイプの抗うつ薬であるTCAやMAOI(P-450酵素システムを阻害する機能を持つもの)を併用すると副作用のリスクがさらに高まります。

CBDと抗うつ剤の副作用のリスクを最小限に抑えるために、製品が推奨する量よりも少ない量のCBDから始めて、必要に応じて時間をかけて徐々に量を増やしていくことをお勧めします。
そうすることで、CBDの効果に慣れることができますし、必要に応じて抗うつ剤の強さを減らすこともできます。

CBDによって改善が期待できる精神疾患

CBDnいよって改善が期待できる精神疾患

CBDはうつ病の他に以下疾患にも効果があると考えられています。

自律神経失調症

自律神経失調症は、一般的に自律神経障害または自律神経失調症と呼ばれ、自律神経系(ANS)の損傷によって引き起こされる多くの症状を表します。自律神経系とは、無意識のうちに体の機能をコントロールする末梢神経系の一部門です。例えば、呼吸、心拍数、血圧のコントロール、体温調節、消化などです。

この点でCBDは、自律神経失調症の予防と治療に有効であると考えられています。さらに、抗酸化作用や神経保護作用もあることがわかっています。
神経系の健康をサポートし、神経の損傷を制限または防止する可能性があるということです。神経細胞の損傷を制限し、神経再生を促進する効果があるということですね。

双極性障害(躁うつ病)

現在、双極性障害に対するCBDの使用に関する研究はほとんど行われていませんが、CBDは、双極性障害の治療に使用される多くの薬と同じ種類の反応を体内で起こすとみられています。また、CBDの神経保護作用と抗酸化作用は、双極性障害の症状を緩和し、脳由来神経栄養因子のレベルを高めるのに役立つと考えられます。

双極性障害の患者がCBDを摂取することで、症状が緩和されたり、現在服用している薬の副作用が軽減されたりしたという証言は海外では数多くあがっています。

研究成果1

アメリカの研究では、双極性障害と診断された133人の患者を神経学的に評価しました。被験者はCBDを1日100mg、数週間にわたって摂取しました。133人の被験者全員が、一日中安定した精神状態に落ち着いたと報告しました。試験終了時には、神経学的検査を実施しましたが各被験者は、注意力、言葉の流暢性、実行機能、論理的記憶の想起に著しい改善を示しました。

(参考:「Cannabinoids in bipolar affective disorder: a review and discussion of their therapeutic potential」)

研究成果2

CBDの抗うつ作用を調べた動物実験では、CBDが大脳皮質のセロトニン、グルタミン酸レベル、5-HT1A受容体に影響を与えることで、うつ病の症状を軽減すると結論づけています。また、CBDは精神病の症状を軽減し、精神科患者に影響を与える機能を正常化するようです。これは、CBDがセロトニン受容体と相互作用するためと考えられます。

(参考:「How CBD’s Can Effectively Treat Bipolar Disorder Symptoms and Manic Episodes」)

研究成果3

In vitroの研究によると、CBDは、双極性障害の発症に寄与すると考えられている重要な要因である酸化ストレスとフリーラジカルによる損傷を含む神経保護を提供することがわかっています。また、CBDは、症状と闘うために使用される気分安定薬であるリチウムと同様の作用を引き起こすようです。

(参考:「Oxidative stress parameters in unmedicated and treated bipolar subjects during initial manic episode: A possible role for lithium antioxidant effects」)

また、CBDは、重篤で長期的な副作用を伴う可能性のある非定型抗精神病薬と同様に、抗けいれん作用や気分安定作用をもたらすことで、躁状態の治療に用いられる薬と同様に作用するようだという研究結果もあります。

心的外傷後ストレス後障害(PTSD)

心的外傷後ストレス障害(PTSD)にもCBDが効果があったとの研究報告があがっています。に関する2019年の文献レビューでは、CBDが役立つ可能性があることがわかりました。

2016年の研究によると、エンドカンナビノイド系に作用する薬が、記憶消去の手順の後にPTSDの人が経験する症状を軽減する可能性があるという証拠が見つかりました。これは、CBD受容体を含むエンドカンナビノイド系が、PTSDの治療への重要な要素となる「不安」と「記憶」に影響を与えることができるためです。

なぜCBDがPTSDの治療に効果があるのか、まだはっきりしていません。治療的用途、効果、安全性についてより多くの研究を実施する必要があると結論づけています。

研究成果

しかし、Frontiers in Neuroscienceによると、CBDが脳内の扁桃体や海馬に影響を与えている可能性があることも示唆されています。

(参考:「心的外傷後ストレス障害の代替療法としてのカンナビジオール(Cannabidiol)。ベンチリサーチからヒト試験での確認」)

境界性人格障害

境界性パーソナリティ障害(BPD)の人は、気分の変動が激しく、不安定で不安な気持ちになることがあります。境界性パーソナリティ障害の兆候や症状には次のようなものがあります。

境界性パーソナリティー障害の主な症状
  • 数時間から数日続く不安、抑うつ気分、極度のイライラ感
  • 自己イメージが歪んでいて不安定であり、目標、意見、気分、価値観、意見、目標、人間関係に影響を与える。
  • アブノーマルなセックス、過度の出費、無謀な運転、薬物乱用など、危険な結果に繋がる衝動的な行動
  • 自殺の恐れや試みを含む自傷行為

BPDであるにもかかわらず、うつ病やPTSDと診断されてしまうケースも多くあるようです。

BPDの人には通常、弁証法的行動療法(DBT)や認知行動療法(CBT)などの心理療法が第一選択の治療法となります。しかし、場合によっては、精神科医が、気分の落ち込みやうつ病、その他の精神疾患の併発など、特定の症状を治療するために薬物療法を推奨することもあります

 

BPDの治療にCBDが使われる理由
  • 炎症を抑制し、炎症性サイトカインの発生を抑える。
  • 過剰な神経伝達を抑える

2014年に「Neuroscience」誌に掲載された研究によると、炎症性サイトカインは、医学的に病気の人と医学的に健康な人の両方において、うつ病の発症に寄与することがわかりました。サイトカインは、免疫系から分泌されるホルモンで、脳を含む体内のあらゆる組織や器官の機能に影響を与えます。サイトカインタンパクの増加は、炎症を引き起こし、うつ病を引き起こす可能性があります。

多くの精神疾患では、シナプス前部からシナプス後部に送られる神経伝達物質の量が多すぎて、過剰になってしまいます。しかし、CBDはその逆のプロセスをたどるため、神経伝達物質の伝達をブロックし、仲介することができます。このようにして、シナプス前の神経細胞が適切な量の神経伝達物質を送れるようにします。

 

(参考:「カンナビノイドはα3グリシン受容体を標的として炎症性および神経因性の痛みを抑制する」)

まとめ

CBDとうつについての記事は以上です。

まだまだ明らかにされていない部分がありますが、CBDはさまざまな精神症状に効果が期待されていると言えますね。
あわせて読みたい
【最強】CBDグミ・エディブルのおすすめランキング10選!安さと高濃度に分けて紹介
【最強】CBDグミ・エディブルのおすすめランキング10選!安さと高濃度に分けて紹介 CBDグミの効果ってどんなもの? CBDグミのおすすめが知りたい CBDグミを摂取する時に注意することは?こんな悩みに答えます。CBDの商品に興味を持っているものの「...
あわせて読みたい
CBDオイルとは?おすすめの商品19種類をランキングで解説【厳選】
CBDオイルとは?おすすめの商品19種類をランキングで解説【厳選】 CBDオイルとは? CBDオイルとCBDリキッドとの違いは? CBDオイルのおすすめを知りたいこんな悩みに答えます。CBDオイルについて興味を持っているものの「リキッドと...
あわせて読みたい
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介 CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)とは? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)の選び方や使い方は? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめが知りたいこんな...
他の記事も確認してみて下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

CBDに関連する基本的な情報から、おすすめのブランド・商品を紹介しています。

目次
閉じる