ストレスが限界になる原因は?症状やサイン・対処法について全解説

ストレスを感じているんだけど、対処方法が分からない..
ストレスが溜まっている人の症状や特徴について把握しておきたい。

こんな悩みに答えます。

人生生きていると、人間関係や周辺の環境によって、少なからずストレスを感じることはあるでしょう。そのストレスを自己管理していくことは非常に大切です。
そこで本記事では、ストレスが限界になる原因から、限界に達した時の症状やサイン・適切な対処方法について解説していきます。

この記事を読むことで、適切なストレス・メンタル管理について理解することができますよ。

目次
vapemania

ストレスで限界を感じる理由は?3つに分けて解説

ストレスで限界を感じる理由は?3つに分けて解説

ストレスで限界を感じる理由は主に「人間関係」「周囲の環境」「自身の考え方」に分類されます。

まずはこの3つの項目に分けてストレスを感じる理由について深掘りしていきましょう。

人間関係による影響

1つ目は「人間関係による影響」です。

人が感じるストレスの大半は人間関係による影響だと言われています。対人との会話で言動でストレスを感じたことがある方は多いのではないでしょうか?

友人であればその人と付き合いをやめたり、会うことをやめれば解決できる場合もありますが、多くの場合それができない環境にある場合が多いでしょう。

自分が嫌だと感じる人間が長期的に自身の環境にいることで、大きくストレスが上がっていきます。

周囲の環境(仕事や受験・家庭)による影響

2つ目は「周囲の環境(仕事や受験・家庭)による影響」です。

周囲の環境とは仕事で言えば長時間の残業や、密室での作業、体力を使うことが多い仕事などが該当します。また高校や大学受験によるプレッシャーであったり、家庭内の環境も周囲の環境に該当するでしょう。

いずれにしても自身で解決できない場合が多く「いつまでもこの状況が続いていく」という感情からストレスがどんどん溜まっていく形になります。

自身の考え方や性格による影響

3つ目は「自身の考え方や性格による影響」です。

単純に物事への考え方によってもストレスの度合いが大きくことなります。例えば温厚な人はストレスを感じにくいですが、短気な人はストレスが溜まっていそうですよね。
このように物事に対して考え方が歪んでいたりすると、些細なことでもストレスを感じてしまうことがあります。

ストレスが限界を超えるとどうなる?想定されるリスクを解説

ストレスが限界を超えるとどうなる?想定されるリスクを解説

ストレスを感じる理由について解説しましたが、ストレスが限界を超えるとどうなるのでしょうか?

次にストレスが限界を超えた時の、想定されるリスクについて解説していきます。

うつ病などの病気にかかってしまう

まずはストレスによって「うつ病などの病気にかかってしまう」という点です。

ストレスを感じて初期に出てくる症状としては「眠れない」「集中力が落ちた」などが挙げられますが、悪化すると重度な病気にかかってしまう場合があります。

その代表例が「うつ病」で、普段できていたことができなくなってしまったり、過度に自信を喪失してしまう可能性があります。

その他ストレスによって難聴になってしまったり、円形脱毛症になってしまうリスクもあるでしょう。

復帰するのに時間がかかってしまう

またうつ病を代表とするストレスの病気にかかってしまうと、復帰するまでに非常に長い時間を必要とします。

周囲が当たり前にできていることに対して自分ができないという状況になり、日々焦りを感じながら体調を戻していくのは非常に辛いことです。

事前にストレス要因を把握し、適切にメンタルコントロールしていればこのような事態は防げるので、今の状況をしっかり把握することが大切になります。

ストレスが限界を超えた時の初期症状を3つに分けて解説

ストレスが限界を超えた時の初期症状を3つに分けて解説

次にストレスが限界を超えた時の初期症状を「身体的な変化」「思考の変化」「行動の変化」の3つに分けて解説していきます。

身体的な変化

ストレスが限界を超えた時の「身体的な変化」は下記の通りです。

項目 詳細
食事の変化 最近食欲が沸かない、もしくは食べすぎてしまう
睡眠の変化 疲れているはずなのに、全く眠れない。もしくはロングスリーパーになってしまう
体調の変化 倦怠感がある。息苦しい、頭が痛い、集中力が落ちた、便秘や下痢の症状が多い

思考の変化

ストレスが限界を超えた時の「思考の変化」は下記の通りです。

  • 何をやってもダメだと考える
  • 考えようとしても集中できない
  • 自責思考が強くなってしまう
  • 周囲の役に立っていないと考えてしまう
  • 何もやる気が起きない
  • 何も楽しいと感じなくなった

ストレスが溜まってしまうと、塞ぎ込んでしまって「自分が悪い」「何をやってもダメ」とネガティブな思考になってしまうことが多いです。

また気持ちが沈んでしまったり、好きだったことをやっても楽しくないと感じてしまうことが多くなります。

行動の変化

ストレスが限界を超えた時の「行動の変化」は下記の通りです。

  • 生活のバランスが崩れている
  • 外に出ず、家に籠もりがちになる
  • アルコールやギャンブルに依存することが多くなる
  • ミスや失敗が非常に多くなる
  • 物に当たることが多くなる
  • 怒りっぽくなる
特に行動の変化においては外から気付くこともできるので、些細な行動を見逃さないことが大切です。

心が壊れてる人の特徴は?ストレスが限界を迎えた時のサイン

心が壊れてる人の特徴は?ストレスが限界を迎えた時のサイン

ストレスが限界を超えた時の初期症状について解説しましたが、その行動内容を掘り下げ、心が壊れてる時のサインを見逃さないことが大切です。

次にストレスが限界を迎えた時のサインについて解説していきます。

自身で感じることのできるストレスのサイン

ストレスのサインとしては、大きく分けると「自身で感じることのできるサイン」と「外から感じることのできるサイン」に分けられます。

自身で感じることのできるストレスのサインはストレスの初期症状と重複する部分もありますが、下記の通りです。
  • 中々眠りにつくことができない(疲れているのに眠れない)
  • 何をやっても楽しいと感じない
  • 疲れやすい・いつも倦怠感がある
  • うっかりミスや集中力の低下がある
  • ストレスが限界で涙してしまう
  • ストレスが限界で倒れる

睡眠や倦怠感、最近楽しいかどうかについては分かりやすいでしょう。うっかりミスや集中力の低下は気づきにくいので、今一度考えてみて下さい。

ストレスが限界に達するとふらついて倒れてしまったり、涙してしまうこともあります。この状態になったら心療内科に行ったほうが良いですね。

家族・友人などの周囲が感じることのできるストレスのサイン

一方で「家族・友人などの周囲が感じることのできるストレスのサイン」は下記の通りです。

  • 周囲の意見を異常に気にするようになった
  • 最近怒りやすくなった・物に当たるようになった
  • 家に引きこもることが多くなった

特に周囲の環境が変わった後はストレスを大きく感じやすい場合があるので「学年が変わった」「高校に進学した」「職場が変わった」などの周囲の変化の際は気をつけてみましょう。

ストレスが限界を迎えた時の3つの対処方法

ストレスが限界を迎えた時の3つの対処方法

これまでストレスが限界に達した時のリスクや症状について解説してきました。

最後にストレスが限界を迎えた時の3つの対処方法について解説していきます。

根本となる原因を改善していく

まずは「根本となる原因を改善していく」という方法です。

人間関係の環境を改善する

人間関係の場合、仕事だったら異動届を出したり、休職したり、場合によっては退職を考えることで解決できる場合があります。

学生の場合は周囲の人間との関係を変えたり、場合によっては大人に相談して問題の解決を図っていく必要があるでしょう。
いずれにしても非常にハードルが高いですが、根本要因を解決することができればストレスが溜まることはありません。

周囲の環境を改善する

周囲の環境が問題の場合、仕事だったら仕事量を調整してくれるように上司に掛け合ってみたり、上手く休みながら働いて、自分の働き方を改善していく必要があります。

学生の場合は様々な要因がありますが、受験の場合は仕事と同じで時間を適切にコントロールする、部活動でしんどいなどの理由だったら上の人に相談してみることが大事です。
周囲の環境が要因の場合はいずれの状況でも自分1人で解決できる場合が少ないので、人に頼ることが正解だと覚えておきましょう。

自身の考え方や性格を改善する

最後に「短期でストレスが溜まりやすい」などの性格要因の場合は、自身の考え方や性格を改善する努力をしましょう。

性格や考え方を変えるのは容易ではないですが、違う考え方を持った人の側にいたりすると、自身の考え方が段々変わっていくことが多いです。

溜まったストレスを発散していく

2つ目は「溜まったストレスを発散していく」です。

根本要因を解決できていないので、優先度は下がりますが、ストレスを溜め込むことなく、前向きに行動できるようになります。
基本的に「生活リズムを見直す」ことが大切です。
  • 睡眠の質を上げていく
  • 食事の質を見直す
  • 適度に有酸素運動をする

食事・睡眠・運動は古くから言われているストレス発散方法です。

生活のバランスが崩れるとどんどん他の要素も綻んでいくので、まずは当たり前のことを当たり前に取り組んでいくことが大切だと言えます。

コントロールできないことは他人に相談するか割り切る

最後になりますが、ストレスに対する向き合い方として「自分でコントロールできるものを変えていくこと」が重要です。

例えば人間関係でストレスを感じている場合は、その人と関わらないようにしたり、その人がいない環境に自ら変えることによって解決することができます。

労働時間が多いことについてストレスに感じている場合は、上司に相談して時間を調整してもらうことで解決することができますよね。

ここで大切なのが、自分でコントロールできないことは他人に相談することでしか解決できないということです。

ストレスを溜め込んでしまう人は他人に相談しないと解決できない悩みで溜め込むことが多いので、割り切るようにするか、無理なら相談するようにしましょう。

まとめ

ストレスが限界になる原因は?症状やサイン・対処法についての記事は以上です。

最後になりますが本メディアではCBDの基本的な情報から、おすすめのCBD商品、最新のCBD情報についてまで幅広く発信しています。

CBDとはポリフェノールと同じような、健康の助けになる成分のことです。

ある種漢方のようなもので「ストレスを解消させたい」「睡眠のお供に使いたい」「活力的に過ごしていきたい」と感じている方が利用されます。
あわせて読みたい
【最強】CBDグミ・エディブルのおすすめランキング10選!安さと高濃度に分けて紹介
【最強】CBDグミ・エディブルのおすすめランキング10選!安さと高濃度に分けて紹介 CBDグミの効果ってどんなもの? CBDグミのおすすめが知りたい CBDグミを摂取する時に注意することは?こんな悩みに答えます。CBDの商品に興味を持っているものの「...
あわせて読みたい
CBDオイルとは?おすすめの商品19種類をランキングで解説【厳選】
CBDオイルとは?おすすめの商品19種類をランキングで解説【厳選】 CBDオイルとは? CBDオイルとCBDリキッドとの違いは? CBDオイルのおすすめを知りたいこんな悩みに答えます。CBDオイルについて興味を持っているものの「リキッドと...
あわせて読みたい
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介 CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)とは? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)の選び方や使い方は? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめが知りたいこんな...
CBD商品について上記の記事に纏めているので、是非確認してみて下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

CBDに関連する基本的な情報から、おすすめのブランド・商品を紹介しています。

目次
閉じる