ウェルビーイング(Well Being)の意味とは?日本のビジネスにおける導入事例も紹介

ウェルビーイング(Well Being)とは、身体的・精神的・社会的に良好な状態であることを指す言葉です。

元々は医療・看護・福祉に使われていた言葉ですが、近年ビジネスにおいてこの言葉を使うことが非常に多くなってきました。
そこで本記事では、ウェルビーイング(Well Being)の意味や重要視されるようになった背景・企業の導入事例について解説していきます。

この記事を読むことで、ウェルビーイングという言葉がどのように注目されているのか理解を深めることができますよ。

目次
vapemania

ウェルビーイング(Well Being)の意味とは

ウェルビーイング(Well Being)の意味とは

ウェルビーイング(Well Being)とは、身体的・精神的・社会的に良好な状態であることを指す言葉です。

日本WHO協会の文章を引用すると、下記のような意味・概念になります。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.
健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。

(参考:「日本WHO協会」)

ウェルビーイングとは直接翻訳すると「幸福」という意味合いになりますが、心だけではなく肉体、そして社会的にも良好な状態である必要があります。

ウェルビーイングは元々医療・看護・福祉の言葉

元々ウェルビーイングは元々は医療・看護・福祉において使われていた言葉です。

ウェルビーイングがWHOに定義される以前、ウェルビーイングの意味は医療・看護・福祉において「病気ではない」「病弱ではない」という意味とされていました。

WHOの定義後、ウェルビーイングの概念は医療・看護業界においても再定義され、時代と共に意味合いも変わってきています。

特に近年では、病気・障害を抱えていながらも「自身の実現したいことを成し遂げていく」という考え方になりました。

ウェルビーイング(Well Being)が注目されるようになった背景

ウェルビーイング(Well Being)が注目されるようになった背景

次にウェルビーイング(Well Being)が注目されるようになった背景について解説していきます。

少子高齢化に伴う働き方改革の影響

近年ウェルビーイングが注目されるようになったのは、少子高齢化に伴う働き方改革によって、ワークライフバランスが重要視されるようになったからです。

昭和世代は「夫が稼いで妻が専業主婦として支える世帯が多かった」のですが、バブルが崩壊し少子高齢化が進むことで、女性の労働力も求められるようになりました。

そして女性は社会進出するということは同時に育児や家事・介護などと両立しながら働いていくことになるので、必然的に効率的に仕事を進めていく必要があります。

故に働き方に関して考える機会が多くなり、ワークライフバランスを整える為の施策として、ウェルビーイングの概念が重要視されるようになったのです。

長時間労働・ブラック企業による影響

またウェルビーイング(Well Being)が注目されるようになったのは、ブラック企業による影響もあります。

近年では一般用語のように使われるようになったブラック企業。会社の従業員に長時間労働をさせたり、プレッシャーをかけて働かせたりする企業が出てきたことで社会問題にもなりました。

ブラック企業という言葉が認知され、周囲に噂が広がると、企業としては人材不足になる要因にもなります。

そのためワークライフバランスをしっかりさせる企業が増加し、ウェルビーイングの概念が重要視されるようになりました。

日本のビジネスにおけるウェルビーイング(Well Being)の導入事例

日本のビジネスにおけるウェルビーイング(Well Being)の導入事例

次にウェルビーイングの導入事例について解説していきます。

健康面の予防と管理を行う

ウェルビーイングを推進する事例の1つは、健康面の予防と管理を行うことです。

導入事例
  • 健康診断を定期的に行う
  • インフルエンザの予防接種を推進する
  • 自身の健康について相談できる窓口を作る

特に近年では健康診断だけでなく、インフルエンザの予防接種や健康について相談できる環境づくりにも力を入れています。

自身の働いている企業・これから働く企業が、どのような取り組みをしているのか確認してみると良いでしょう。

従業員のメンタル管理を行う

導入事例の2つ目は「従業員のメンタル管理を行うこと」です。

導入事例
  • 定期的にストレス診断を受けさせる
  • 定期的に上司と面談の機会を設けている
  • メンタルヘルスの先生との相談窓口を設けている

上記の事例のように、従業員がストレスを溜め込んでいないかセルフチェックを行わせたり、上司やメンタルヘルスの先生に相談できる環境を作ったりします。

その他定期的にセミナーを開いたりすることもあるようです。

労働時間の管理を行う

導入事例の3つ目は「労働時間の管理を行うこと」です。

導入事例
  • 残業時間の見える化
  • マネジメント職に対する研修強化

事例としては上記の通りで、残業時間が曖昧にならない仕組み作りや、マネジメント職への研修を強化し、特定の個人に偏って仕事が振りかからないようにします。

特に労働時間においては社会的に良好であるかどうか直結しやすいので、しっかり把握しておく必要があるでしょう。

ウェルビーイング(Well Being)の使い方と例文

ウェルビーイング(Well Being)の使い方と例文

最後にウェルビーイング(Well Being)の使い方と例文を紹介します。

例文1
ワークライフバランスを充実させる為に「ウィルビーイング」という考え方を重視しよう。
例文2
僕の入社した企業は残業時間やメンタルヘルスにしっかり管理しており、ウェルビーイングを積極的に推進している。

まとめ

ウェルビーイング(Well Being)に関連する記事は以上です。

ワークライフバランスが重要視されることによって注目されてきたウェルビーイングという概念ですが、自分の状況についてしっかり把握しておくことは非常に大切です。

是非本記事の内容を参考に自身の状況について見直してみてはいかがでしょうか。

最後になりますが本メディアではCBDの基本的な情報から、おすすめのCBD商品、最新のCBD情報についてまで幅広く発信しています。

CBDとはポリフェノールと同じような、健康の助けになる成分のことです。

ある種漢方のようなもので「ストレスを解消させたい」「睡眠のお供に使いたい」「活力的に過ごしていきたい」と感じている方が利用されます。
あわせて読みたい
【最強】CBDグミ・エディブルのおすすめランキング10選!安さと高濃度に分けて紹介
【最強】CBDグミ・エディブルのおすすめランキング10選!安さと高濃度に分けて紹介 CBDグミの効果ってどんなもの? CBDグミのおすすめが知りたい CBDグミを摂取する時に注意することは?こんな悩みに答えます。CBDの商品に興味を持っているものの「...
あわせて読みたい
CBDオイルとは?おすすめの商品19種類をランキングで解説【厳選】
CBDオイルとは?おすすめの商品19種類をランキングで解説【厳選】 CBDオイルとは? CBDオイルとCBDリキッドとの違いは? CBDオイルのおすすめを知りたいこんな悩みに答えます。CBDオイルについて興味を持っているものの「リキッドと...
あわせて読みたい
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介 CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)とは? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)の選び方や使い方は? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめが知りたいこんな...
CBD商品について上記の記事に纏めているので、是非確認してみて下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

CBDに関連する基本的な情報から、おすすめのブランド・商品を紹介しています。

目次
閉じる