VAPEに害はあるの?吸いすぎても大丈夫? 危険性を紙タバコや加熱式たばこと比較

vape-harm-eyecatch
VAPEって体に悪いの?吸いすぎても大丈夫?
こんな疑問に答えます。
たばこから電子タバコやVAPEに乗り換えた人も多いのではないでしょうか。実際のところVAPEは安全なのか気になりますよね。
本記事では、VAPEの危険性とその健康被害まで紹介していきます。

この記事を読むことで、CBN製品を選ぶ知識が身に付きます!

目次
vapemania

VAPEの害

vape-harm1
VAPEで起こる害は、使用するリキッドの種類によっても異なります。
リキッドとは、VAPE(ベイプ)機器や電子タバコが気化させる液体のことです。「e-juice」や「vape juice」と呼ばれることもあります。

リキッドの具体的な成分は、ブランドや製品によって異なります。ベースとなる液体は、一般的に水、植物性グリセリン、プロピレングリコールなどの成分を混ぜ合わせたものです。メーカーは、この混合液にさまざまな香料や添加物を加えて、特定のフレーバーを作り出します。

これらの成分の多くは、食品に使用できる国の認証を取得しています。しかし、VAPEの健康被害はまだ研究途中で分かっていないことも多いのが現状です。

 

プロピレングリコールに発がん性?

2015年に行われた研究では、リキッドに含まれるプロピレングリコールとグリセロールを加熱すると、ホルムアルデヒドを放出する化合物が生成されることがわかっています。

ホルムアルデヒドは、グループ1の発がん性物質で、がんを引き起こす可能性がある物質として知られています。

最近の研究では、若いVAPEユーザーに対する影響を調査しました。この研究では以下3つのグループに分けられました。

  • 電子タバコのみを使用するグループ
  • 通常のタバコに加えて電子タバコを使用するグループ、
  • どちらも使用したことがないグループ
全体的に見て、VAPEはタバコと比べてダメージが少ないことが示されました。しかし、電子タバコのみを使用したグループはどちらも使用したグループの青年と比べて、尿中の有害化学物質の量が圧倒的に多かったことがわかっています。

【検出された成分】

  • アクリロニトリル
  • アクロレイン
  • プロピレンオキシド
  • アクリルアミド
  • クロトンアルデヒド
その他の研究でも、電子タバコの化学物質を加熱して気化させると、肺細胞に対して特に毒性が強くなることが示されており、これらの結果を裏付けるものとなっています。

肺やのどへのダメージ

ベイプを吸うと、喉へのヒットやキック感を感じますね。感覚としてはヒリヒリとした焼け付くような感覚を表しています。

Tobacco Induced Diseases誌に掲載された電子タバコに関する研究の著者らは、プロピレングリコールやグリセロールを大量に吸い込むと、気道に損傷を与える可能性があると指摘しています。

電子タバコに含まれるこれらの化学物質の濃度は、1回吸っただけで炎症を起こすほど高いとのことでした。

また、気管と同様に肺にもダメージがあるとされ、日常的に喫煙し、慢性的な炎症を起こしていた場合は肺の回復が難しい場合もあるようです。

VAPEの副流煙は周りの人に有害?

vape-harm2
VAPEはまだ比較的新しいものなので、副流煙がどの程度有害なのかははっきりとはわかっていません。

しかし、副流煙には、特定のがんのリスクを高める可能性のある発がん性物質が含まれていることは明らかになっています。

これらの発がん性物質には以下のものがあります。

  • ホルムアルデヒド
  • トルエン

もちろんこれらを含まないものもありますが、上記を含む場合は注意が必要です。
ベイプの副流煙はは誰にでも影響を与えますが、特定のグループではさらに健康に悪影響を及ぼすリスクが高くなります。

乳幼児と子供

VAPEの副流煙は、体重が少なく、呼吸器系が発達している乳幼児や子どもにとって、特に高いリスクをもたらします。

2017年の研究Trusted Sourceによると、低濃度であってもVAPEの成分にさらされることで、脳や肺の発達に影響を及ぼす可能性があるとのことです。

妊娠中の人

動物およびヒトを対象とした研究では、2017年に行われた研究「Trusted Source」によると、ニコチンを含む場合は胎児へも以下のような悪影響を及ぼす可能性があることがわかっています。

  • 早産
  • 低出生体重児
  • 死産
  • 肺と脳の発達障害
  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)

肺疾患のある方

VAPEのリキッドに含まれる香料が気道の繊毛の機能に影響を与える可能性があります

繊毛は、気道の粘液や汚れを取り除き、呼吸を可能にする役割を果たしています。繊毛の機能低下は、喘息やCOPDなどの慢性的な肺疾患に関連しています。

すでに肺疾患を患っている人にとって、副流煙草のエアロゾルに触れることは、症状や喘息発作の引き金となり、症状を悪化させる可能性があります。

周りの大切な人を副流煙から守るためには

外で吸う

最も簡単な解決方法は屋外で吸うことですね

直接的な副流煙もそうですし、部屋の壁などにも成分が付着してしまうので注意です。

子どもやリスクの高い人のそばでは吸わない

乳幼児、妊娠中の方、アレルギー体質の方、肺疾患のある方などは、ダメージを受けやすく、深刻化するリスクが高いです。

フレーバー付きのVAPEジュースを避ける

電子タバコのフレーバーに使用されている香料はは、電子タバコを吸っている人の肺に深刻で永続的な障害をもたらす可能性があると言われています。

微量でも影響があるため、副流煙の対策もしっかり行っていきましょう

ニコチン含有量の少ない、または含まないVAPE製品を使う

ニコチンの有害性はご存知の通りですね。

VAPEに含まれるニコチンの量が少ないほど、自分にも周りの人にも良い影響を与えます。

できるだけ濃度の低いものを選ぶようにしましょう!

出力と温度が低いデバイスを選ぶ

リキッドを加熱すると、ホルムアルデヒドなどの有害物質が発生することがあります。また、加熱コイルに含まれる重金属やその他の汚染物質が蒸気に混入する可能性もあります。

出力や温度の設定が高い製品を使用すると、より多くの有害な化学物質が発生し、自分や周囲の人がそれを吸い込んでしまうことになります。

タバコとVAPE、どちらが害が少ないの?

vape-harm3

VAPEは喫煙より安全といえるのでしょうか。今日での結論は「たばこよりもずっと危険性は低い」といえそうです。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校のニコチン研究者であるニール・ベノウィッツ医学博士は、「電子タバコは100%安全とは言い切れないが、ほとんどの専門家はタバコよりも危険性が低いと考えている」と述べています。米国では、タバコの喫煙によって年間約50万人が亡くなっています。その原因のほとんどは、燃焼した煙の中に含まれる何千もの化学物質だと彼は説明します。

電子タバコは燃焼しないので、人々はそれらの有害物質にさらされることはありません。2015年にイングランド公衆衛生局が発表した専門家によるレビューでは、電子タバコの害は本物よりも95%少ないと推定されています。

ちなみにアメリカでは公共の場での喫煙を禁止している州や地域では、VAPEも禁止されています。しかし、ミシガン大学のタバコ政策研究者であるケネス・ワーナー氏、副流煙による危険性はゼロではないものの、「おそらく非常に低いでしょう」と結論付けています、

ただし、喫煙よりもVAPEの方が害が少ないというエビデンスはありますが、どちらも危険な副作用があることも忘れないようにしましょう。
そもそもたばこもVAPEも基本的には健康に良いものではありません。

VAPEと紙巻きタバコの比較

加熱式タバコと同様に、電子タバコはタバコを燃やさないので煙が出ません。

そのため燃焼によって発生する有害物質を摂取することがなくなります。

初期投資がかさみますが、長期的には得な場合も多く、予算が許すのであればVAPEを選んだほうが賢明といえるでしょう

VAPEと加熱式タバコの比較

加熱式タバコもVAPEもリスクがないわけではありません。

加熱式タバコは燃やさないことによるメリットはありますが、たばこと同様の物質を含んでいますし、

VAPEはVAPEで他の有害(の可能性のある)物質を含んでいます。

両者のメリデメを考慮してコストやフレーバー、ニコチンの有無で選び分けていくとよいでしょう。

加熱式タバコと紙巻きタバコの比較

やはり大きな違いは燃やすか燃やさないか、です。

また、匂いや副流煙の量も大きなポイントですね。

加熱式たばこの副流煙についても匂いが少ないが有害性があることは変わらないようですので、

味やにおい、コスパも含めて選んでお好きなほうを選ぶとよいですね。

VAPE・加熱式たばこの実際の健康被害

vape-harm4
蒸気を発生させるリキッドは、大人や子供が飲み込んだり吸い込んだり、皮膚に付着したりすると有害な場合があります。

ジアセチル、発がん性化学物質、重金属、揮発性有機化合物(VOC)などは有害成分として有名なものになります。

しかしVAPE製品からビタミンEアセテートが他の有害成分とともに削除されて以来、健康被害の報告はだいぶ減少傾向にあります。

VAPEによる健康被害

米国イリノイ州の公衆衛生当局(IDPH)の報道によると20代の男女6人がVAPEの使用後に急性肺疾患などの呼吸器障害を起こして救急入院したとのことで、電子タバコの使用に関して警告を発することとなりました。

従来のたばこと違って、研究が進んでいないために、体にどの成分がどんな影響を与えるのか解明することが求められています。

加熱式たばこでの健康被害

日本でも呼吸器障害の症例が出ています。アイコスを吸った後に急性好酸球性肺炎になった例です。

好酸球はアレルギー反応を起こす白血球の1種で、アイコスが含む成分が原因で活性化し肺炎を発症したとの見解です。

アイコスについては含まれるすべての有害物質が検査機関に提出されなかったといった経緯もあり、まだ発展途上とのイメージが拭えませんね。

まとめ

VAPEや加熱式たばこの害に関する記事は以上です。

最後になりますが、本メディアではCBDに関連する基礎情報から、おすすめのCBD商品、VAPEの情報など幅広く発信しています。
自分の体に入れるものなので慎重に選んでいきましょう!
あわせて読みたい
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介 CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)とは? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)の選び方や使い方は? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめが知りたいこんな...
あわせて読みたい
CBDリキッドのスターターキットのおすすめは?安さや濃度別にランキング形式で解説
CBDリキッドのスターターキットのおすすめは?安さや濃度別にランキング形式で解説 CBDリキッドのスターターキットはどんなものがある? 安いCBDのスターターキットが知りたい 高濃度CBDのスターターキットってあるの?こんな悩みに答えます。CBDリ...
あわせて読みたい
使い捨てCBDって何?使い方や吸い方・おすすめの高濃度CBDペンまで解説
使い捨てCBDって何?使い方や吸い方・おすすめの高濃度CBDペンまで解説使い捨てタイプのCBDって何?使い捨てタイプのCBD商品の使い方や吸い方は?使い捨てタイプのCBDのおすすめの商品も知りたいこんな悩みに答えます。CBD製品の購入を検討...
是非上記の記事も確認してみて下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

CBDに関連する基本的な情報から、おすすめのブランド・商品を紹介しています。

目次
閉じる