CBDは癌に効果あり?抗がん剤との比較

CBDはがんに効果あり?

CBDは癌への効果があるのでしょうか。

現在がんへの治療方法としては抗がん剤を使用する薬物療法が主流となっていますが、CBDについての研究も進んできています。
本記事ではCBDのがんへの効果や注意点、使い方について解説していきます!
目次
vapemania

CBDは癌の治療へ効果があるのか

CBDはがんの治療へ効果があるのか

人間については断定はまだできませんが、動物実験ではCBDががんの成長を抑えるという結果が出ています。また、CBDは、がん治療に使用される特定の薬剤の取り込みを促進したり、効力を高めたりする可能性があります。

現在報告が上がっている研究成果は以下となります。

2019年のレビュー膵臓がんに焦点を当てたin vitroおよびin vivo研究では、カンナビノイドが腫瘍の成長を遅らせ、腫瘍の浸潤を抑え、腫瘍細胞死を誘導するのに役立つことがわかりました。また、CBDは細胞死を誘発し、膠芽腫細胞を放射線に対してより敏感にするが、健康な細胞には影響を与えないことが示されています。

2014年の大腸がんの実験モデルを用いた研究では、CBDが大腸がん細胞の拡散を抑制する可能性が示唆されています。

2010年の研究では、転移性乳がんの前臨床モデルにおけるCBDの有効性が示されました。この研究では、CBDが乳がん細胞の増殖と浸潤を著しく抑制することがわかりました。

(参考:「NCBI」)

これらは、カンナビノイドのがん治療への可能性を取り上げた研究のほんの一部ですが、抗がん剤に変わるがん治療の方法の一つとして期待されています。
また、CBDはがんへの直接的な効果の他にも、闘病の助けとなるメリットもあります。

CBDが癌患者の助けとなる理由

CBDが癌患者の助けとなる理由

CBDは、以下の理由で癌治療の助けとなると考えられています。

痛みの緩和

がんもその症状事態に加えて治療でも、痛みを伴います。

これはがんによる炎症や内臓の圧迫、神経の損傷などが引きおこされるためです。

CBDは、CB2受容体に間接的に作用し、炎症を抑えることで広範囲の痛みを緩和することが期待できます。THCはCB1受容体に作用し、神経損傷による痛みに効果があると考えられています。

一般的に処方される鎮痛薬であるオピオイドなどは副作用や拒否反応を起こす可能性がありますが、CBDは副作用が比較的弱いとして代替となりえます。

食欲を刺激する

CBDは直接空腹を引き起こすことはありませんが、以下効果により食欲を取り戻す手助けをしてくれます。

  • 吐き気を和らげる
  • 消化にまつわる神経系や消化器官を働きを正常化する

食品や飲料に添加したり、薬として服用したりすることでがん治療中の食欲を増進させることが期待できます。

CBDが持つ癌への予防効果

CBDが持つ癌への予防効果

米国国立がん研究所(NCI)は、大麻やCBDががんの予防にも役立つのではという結果が出ています。

64,855人々を対象とした研究では、大麻と併用することでタバコを喫煙した際の発がんリスクを低減することが明らかにされています。

(参考:「NCI」)

また、2015年に行われた研究では、CBDを日常的に摂取している人膀胱がんの間膀胱がんの発症リスクが45%低いことがわかりました。

(参考:「Wiley Online Library」)

とはいってもまだまだ調査途中でありCBDががん予防にどのような役割を果たしているかを判断するには、ヒトを対象としたより長期的な研究が必要です。

抗がん剤にはない予防効果という点で大変魅力的な効果ですね。

CBDをがん治療へ取り入れたい方が知っておくべきこと

CBDを使用するにあたっては知っておいたほうが良いこともあります。

個人の判断で使用するのではなく必ず医者の指示に従って導入するようにしましょう。

副作用を起こす可能性があること

また、CBDは以下に挙げられる様々な薬と相互作用し、肝障害を引き起こす可能性があります。

  • 抗生物質
  • 抗うつ剤
  • 抗不安薬
  • 抗けいれん薬
  • 血液希釈剤
  • 化学療法剤
  • 筋弛緩剤
  • 鎮静剤、または睡眠補助剤
  • 市販の補助食品やサプリメント
CBDをがんの治療に試す前には医師に相談することをお勧めします。
現在、がんの治療を受けている方は、CBD以外にも他の治療法と干渉してしまう可能性があることを覚えておきましょう。これには、CBDや他のカンナビノイド、あるいは食事やハーブのサプリメントも含まれます。

まだまだ研究途上であること

これまでCBDに期待できるがん治療への効果を紹介してきましたが、がんに対する安全で効果的な治療法であると言い切るにはやや早合点といった所もあります。

今後の研究課題としては、以下のようなものがあります。

  • THCのような他のカンナビノイドとCBDを併用した場合と併用しない場合のCBDの効果
  • 安全で効果的な投与方法
  • 投与方法の違いによる効果
  • 特定のがんに対するCBDの効果
  • CBDと化学療法薬やその他のがん治療との相互作用
CBDをがん治療に使用するにあたって注意すべきこともあるということですね。
それでは実際に使ってみたい!という方におすすめの使用法について紹介していきます

CBDをがん治療へ用いる際におすすめの使用法

CBDをがん治療へ用いる際におすすめの使用法

CBDをがんへ使用して効果を実感するために重要な点は適切な量を摂取することです。

効果の調整がしやすい摂取方法は以下がおすすめです。

おすすめのCBD摂取方法
  • CBDオイルによる舌下摂取
  • CBDグミ等による経口摂取

個人の適切な量は個人の症状に左右されるため、医師に相談の上判断しましょう。

摂取方法により効果の持続時間や吸収速度も異なります。詳しくは以下を参照ください。

あわせて読みたい
CBD(グミ・リキッド)は効果がない?実際の効果時間や摂取方法による違いを解説
CBD(グミ・リキッド)は効果がない?実際の効果時間や摂取方法による違いを解説こんな悩みに答えます。CBD製品に興味を持って少し試してみたものの「あまり効果を感じなかった」と思っている人は多いのではないでしょうか?実はCBD製品は様々な摂取...

まとめ

CBDと癌についての記事は以上です。

癌の予防から症状の緩和まで幅広く効果があるということがわかりましたね。
あわせて読みたい
【最強】CBDグミ・エディブルのおすすめランキング10選!安さと高濃度に分けて紹介
【最強】CBDグミ・エディブルのおすすめランキング10選!安さと高濃度に分けて紹介 CBDグミの効果ってどんなもの? CBDグミのおすすめが知りたい CBDグミを摂取する時に注意することは?こんな悩みに答えます。CBDの商品に興味を持っているものの「...
あわせて読みたい
CBDオイルとは?おすすめの商品19種類をランキングで解説【厳選】
CBDオイルとは?おすすめの商品19種類をランキングで解説【厳選】 CBDオイルとは? CBDオイルとCBDリキッドとの違いは? CBDオイルのおすすめを知りたいこんな悩みに答えます。CBDオイルについて興味を持っているものの「リキッドと...
あわせて読みたい
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介 CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)とは? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)の選び方や使い方は? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめが知りたいこんな...
他の記事も確認してみて下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

CBDに関連する基本的な情報から、おすすめのブランド・商品を紹介しています。

目次
閉じる