CBDオイルとVAPEの違いは?使い方や効果の違いについて解説

CBDオイルやVAPEについて興味を持っているけど、あんまり効果や使い方の違いについて分からないから知りたい…

こんな悩みに答えます。

CBD商品について興味を持っているものの「オイルやVAPEの違いについてよく分かっていない」と考えている方は多いのではないでしょうか?
本記事では、CBDオイルとVAPEの使い方や効果の違いについてそれぞれ解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの疑問を解決することができますよ。

目次
vapemania

CBDオイルとVAPE(CBDリキッド)とは

CBDオイルとVAPE(CBDリキッド)とは

CBDとは別名カンナビジオールとも言い、大麻から取れる約120種類以上の成分の内の1つです。

その特異的な化学構造から、身体の調節機能であるECSと相互作用し、緊張や不安をほぐしたり、快適な睡眠時間の確保、外的なダメージから身を守る効果に期待されています。

CBD製品にはCBDを含有させた様々な製品が存在し、CBDリキッド(VAPE)・CBDグミ・CBDオイルなど様々です。

まずはCBDオイルとVAPE(CBDリキッド)について解説していきます。

CBDオイルとは

CBDオイルとは、CBDとヤシ科のオイルを複合させた食用のオイル製品のことです。

ヤシ科のオイルとは、ココナッツやパームフルーツから取れるオイルのことで、ダイエットやむくみ・持久力アップに繋がる中鎖脂肪酸が含まれています。

中鎖脂肪酸は名前は油ですが体に溜まるものではなく、寧ろ非常に良い効果をもたらしてくれるものなので、近年非常に話題になっているオイルです。

使い方としては一定量舌の下に入れることで利用します。

VAPE(CBDリキッド)とは

VAPEとはCBDリキッドのことで、もっと分かりやすく言えば電子タバコです。

電子タバコといってもニコチンやタールを含まないものが多く、タバコが嫌いな方でも使いやすい商品だと言えます。未成年に対しては制限をかけている企業がほとんどです。

専用のヴェポライザーと交換用のカートリッジを揃えることで、好きなフレーバーのリキッドを楽しむことができます。

勉強や仕事に集中したい時や、寝る前に落ち着きたい人が利用することが多いですね。

CBDオイルとVAPEに効果の違いはあるの?

CBDオイルとVAPEに効果の違いはあるの?

CBDオイルとVAPEについて解説しましたが、基本的に両者において効果に違いはありません。

含有されている成分は同じなので、先ほど軽く説明したように、緊張をほぐしたり、快適な睡眠に繋がったりなどの効果を得ることができます。
しかし効果の感じ方や吸収効率などは異なりますので、それを次の章で解説していきます。

CBDオイルとVAPEの違いを4つの観点で解説

CBDオイルとVAPEの違いを4つの観点で解説

CBDオイルとVAPEに効果の違いはないと解説しましたが、それぞれ異なる点は存在します。

次にCBDオイルとVAPEの違いを4つの観点で解説していきます。

使い方の違い

1点目は「使い方の違い」です。

CBDオイルとCBDリキッド(VAPE)には、明確に使い方の違いがあります。CBDオイルは舌の下に転がして吸収する舌下吸収で、VAPEは煙として吸収する気化吸収です。

舌下吸収と聞いてよく分からないと感じた方も多いと思いますが、ただ舌の下にオイルを滴下するだけです。その方が普通に摂取するよりもCBDの吸収効率が高くなります。

VAPEの方は電子タバコですので、リキッドを蒸気化して、煙を吸うことで吸収します。これはイメージしやすいですよね。

オイルとVAPEは明確に使い方が違うことを覚えておきましょう。

効果が得られるまでの時間の違い

2点目は「効果が得られるまでの時間の違い」です。

CBDオイルは摂取してから効果を実感できるまで15分~30分とされている場合が多いですが、VAPEにおいては気化吸収して数10秒~数分で効果を実感することができます。

そのため、CBDオイルよりかはCBDリキッド(VAPE)を使った方がより効果を実感しやすいと言えるでしょう。

また効果時間について理解していないと、効果が出ないという理由で過剰摂取してしまう可能性もあるので、覚えておいて下さいね。

持続時間の違い

3点目は「持続時間の違い」です。

CBDオイルは効果発生まで15分~30分と書きましたが、実際に効果を実感すると6時間~7時間効果が持続します。一方で気化吸収だと2~3時間と持続時間が短いです。
そのため、持続時間を理解して両者を使い分けることができると良いですね。

吸収効率の違い

4点目は「吸収効率の違い」です。

CBDオイルとVAPEは摂取方法が異なることを説明しましたが、CBDの吸収効率も異なります。具体的にはCBDオイルは10~20%、VAPEは20~40%です。

そのため、VAPEの方がCBDオイルよりも2倍吸収効率が高いことを覚えておきましょう。

最後にCBDオイルとVAPEのおすすめのブランドを解説していきます。

CBDオイルとVAPEのおすすめブランドは何?

CBDオイルとVAPEのおすすめブランドは何?

CBDオイルとVAPEをどちらも扱っているブランドは下記の通りです。

プラスウィード(+WEED)

プラスウィード(+WEED)

1つ目は「プラスウィード(+WEED)」です。

プラスウィードはドンキホーテでも商品が販売されている人気ブランドで、CBDオイルからリキッドまで様々な製品が販売されています。

その際たる特徴しては様々な濃度が選べる点で、10%の低濃度から60%の高濃度のものまで選ぶことができるので、CBDの効果を感じなかったら濃度を上げて調節することが可能です。

またVAPEを購入した方は専用のヴェポライザーを無料で貰うことができますので、約5500円お得に購入することができます。

興味がある方は是非専用HPをクリックして確認してみて下さいね。

\ 濃度の種類が豊富 /

CHILLAXY(チラクシー)

CHILLAXY(チラクシー)

2つ目は「CHILLAXY」です。

チラクシーはまったり&くつろぐという意味を込められて作られたブランドで、CBDオイルとVAPE、また食品やスキンケア商品も展開しています。

またVAPEに関しては日中用・夜間用・いつでも用とタイプが分けられているので、自身の目的に合わせて利用できる点も魅力的です。

CBDを通してまったりくつろぎたい気持ちに浸りたい方はCHILLAXYを使ってみると良いでしょう。

\ 目的に応じた商品を選べる /

まとめ

CBDオイルとVAPEの違いに関する記事は以上です。

最後になりますが本メディアではCBDの基本的な情報から、おすすめのCBD商品、最新のCBD情報についてまで幅広く発信しています。
あわせて読みたい
【最強】CBDグミ・エディブルのおすすめランキング10選!安さと高濃度に分けて紹介
【最強】CBDグミ・エディブルのおすすめランキング10選!安さと高濃度に分けて紹介 CBDグミの効果ってどんなもの? CBDグミのおすすめが知りたい CBDグミを摂取する時に注意することは?こんな悩みに答えます。CBDの商品に興味を持っているものの「...
あわせて読みたい
CBDオイルとは?おすすめの商品19種類をランキングで解説【厳選】
CBDオイルとは?おすすめの商品19種類をランキングで解説【厳選】 CBDオイルとは? CBDオイルとCBDリキッドとの違いは? CBDオイルのおすすめを知りたいこんな悩みに答えます。CBDオイルについて興味を持っているものの「リキッドと...
あわせて読みたい
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介
CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめは?ランキング形式で5つ紹介 CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)とは? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)の選び方や使い方は? CBDリキッド・ヴェポライザー(VAPE)のおすすめが知りたいこんな...
是非上記の記事も確認してみて下さいね。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

CBDに関連する基本的な情報から、おすすめのブランド・商品を紹介しています。

目次
閉じる